技術の発展こそが人類の悲願


ITと相性の良い単語はテクノロジーだと答える方がいることでしょう。まさに最先端の技術との融合が求められていくITにおいて、テクノロジーとの接点が不可欠だと考えられて、情報を中心としたネットワークをより緊密なものとして実現させるために、テクノロジーによる助力が今後にわたって必要であり続けることがうかがえてくるのです。

さながらテクノロジーが女房役としてIT社会を根底から支えているような構図を思い描いている方が少なくないと思い、IT社会からの呼びかけに応じてテクノロジーが影武者のようにフォローすることで、今日のような情報化社会が築かれていったと思うのです。

ITに付随するテクノロジーで思うこととして、半世紀に満たないうちに情報化社会として姿を変えていった劇的な変貌ぶりを連想する方が少なくないと思うのです。ITのニーズの高さに応じてテクノロジーの普及が現実味を帯びるようになり、今ある技術に新たな技術を上塗りすることで磨かれて完成された技術により、私たちにどれだけ多くの恩恵をもたらしたのか計り知れないくらいです。

私たち人類がテクノロジーとの関わりを持つことが、新時代を築く上での拠り所となっていき、情報を中心とした革命を起こすために、テクノロジーは守護神のようにしてIT社会の中に生き続けていくべきなのです。IT社会を発展していこうという強い意志力を引き出しているのは、テクノロジーによるものなのかもしれません。

このIT革命とも言われる時代で、1日1日をさらなる喜びの日常に変えるためには、人生の極みと思える仕事に出会うことなのだと感じるのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>